<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ドキドキがたまらない! | main | 新しいシューズ >>
片手バックハンド

自分の練習後、今度は息子とサシで練習

 

ほんとなら、息子の友だちと使う予定だったが、
メンバーが集まらず、サシで練習となった

 

 

息子は、緊急事態宣言下、団地内のコートを借り、
2日に1度のペースで練習していた

体力が落ち、実戦感覚が遠ざかっているオレ、
頻繁に練習していた息子とどれだけの差があるか?

 

 

自分の練習中はなんともなかったが、
さすがに4時間も空くと、疲れが出てきていた
足は重く、肩が痛い

 

 

 

 

片手バックハンドに移行中の息子(オレは反対)

 

バック側にボールを集めて、様子を見る

 

いいボールが飛んでくる

 

特に逆クロスのボールに威力があり、
右利きの相手からすると、フォアでも外に逃げていく

 

 

 

しかし、いろんなボールを混ぜてみると、問題点が露骨に分かる

 

1つ目に、一般的に言われるバックハンドの高いボール
ナダルが片手バックハンドのフェデラー対策として使ったと聞いたことがある

 

膝ぐらいの高さのボールを勢いがあるが、高いボールは打ちにくそう
下がって打つ?ライジングで打つ?ダブルハンドで打つ?

 

2つ目は、ショートボール処理のスピン量

短いボールを返球する際、ベースラインから返球するのと同じよう打ち、
アウトするケースが多かった

要は、回転の量を調整できていない

 

ってことで、すぐにショートラリーの練習に切り替えて、
回転をかけて、サービスラインの内側に落とす練習をさせた

 

3つ目は、クロスのアングル

片手バンクハンドのストレートと逆クロスはいいが、
正クロスのアングルにコントロールできない

 

2つ目のスピン量の調整とともに、
打点を変えて、クロスのアングルにもコントロールできないとダメ!

 

 

 

ってことで、ちょっとラリーしただけで課題が3つも見つけられた

 

ってことは、まだまだ実戦では使い物にはなりません

 

 

 

最後はゲームをやった

 

ヘトヘトで肩が痛いお父さんが力でねじ伏せられるかと思いきや、
ベテランのお父さんは、上手く相手にミスをさせて、6-1で勝利!
まだまだ負けません!

 

 

 

JUGEMテーマ:テニスやってる人の日記

| comments(0) | - | category: ジュニア |
コメント
コメントする











ページの先頭に戻る

RSS 1.0   ATOM 0.3   Yahoo!ブックマークに登録


にほんブログ村 テニスブログへ にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

Profile
Selected Entry
Comments
Search this site
RSS表示パーツ

Recommend
ウイニング・アグリー 読めばテニスが強くなる
ウイニング・アグリー 読めばテニスが強くなる (JUGEMレビュー »)
ブラッド ギルバート,スティーブ ジェイミソン


オレは2回読んだよ!
ソックス
オーバーグリップ



Mobile
qrcode


Archives


Administrator