<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自分のポジション確認 | main | 汗対策 >>
前で捉えること

先週、レッスンをお休みしたので、

この日に振り替えて、週の始めから練習

 

 

 

昨日のレッスンメニュー

 

・ショートラリー&ボレーボレー
・球出しからストローク
・ローボレー&ハイボレー
・スマッシュ&グランドスマッシュ
・クロスラリー

・ボレーストローク

・サーブ
・ダブルスゲーム

・シングルスゲーム

 

 

クロスラリーの時点で、もう汗だくだった

グリップは滑り、オーバーグリップがズレズレ

 

 

この日は、バックハンドの内容が良かった

 

ボレーストロークでのストローカー

足元にしっかりとコントロールでき、

それだけでは足りず、よりアングルを狙う

 

 

前半から飛ばして、早い段階で疲れを感じたが、

ピークを過ぎると、逆に内容が良くなる

 

 

 

 

息子の試合を観て、自分でも確認したかったこと

 

ボールを待つのではなく、自分からボールに向かって行き、

より前で捉えることを意識して打っていた

 

少しでも相手のボールが緩くなると、

積極的に前へ詰め、そして打ち込む

 

 

常に前へ前への意識が重要であることを再確認させられた

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | category: レッスン |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tennis.ipponiho.net/trackback/1952
トラックバック


ページの先頭に戻る

RSS 1.0   ATOM 0.3   Yahoo!ブックマークに登録


にほんブログ村 テニスブログへ にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

Profile
Selected Entry
Comments
Search this site
RSS表示パーツ

Recommend
ウイニング・アグリー 読めばテニスが強くなる
ウイニング・アグリー 読めばテニスが強くなる (JUGEMレビュー »)
ブラッド ギルバート,スティーブ ジェイミソン


オレは2回読んだよ!
ソックス
オーバーグリップ



Mobile
qrcode


Archives


Administrator