<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3ヶ月 | main | 気持ちを切り替えて >>
さよなら息子よ!

この記事を書くまでに時間がかかった

 

出来事は先週の土曜日だが、
なかなか書く気になれなかった

 

 

 

 

先週、関東ジュニアの大会の初戦を勝ち抜き、
次節の予選準決勝の戦い

 

この日は夏の強化練習で知り合った友達の試合が、
息子の前に設定されていたので、
チョット早めに会場に着き、応援する予定だったが、
その友達はデホ勝ちで待機していた

 

 

 

なんやかんやで1時間ぐらい待たされての息子の試合

相変わらず、集中せずに、アップもいい加減

 

相手は格上、実績もあり、背も大きく、しかもレフティ

 

さぁ、どうする息子よ!

って意気込んでいいたのはオレだけ

 

 

 

試合が始まると、お互いイージーミスの連発
その中でも息子のやる気の無さがムカついた!

 

まったく向かっていく姿勢が見られない!
必死でボールを追いかけようとしない!
何としても勝ちたい!という意志が見えない!

 

打てるボールは沢山あるのに、

真っ向から向き合うとせず、かわすばかり

 

相手があんなにミスしてくれているのに、
結果は0-6で負け!

 

 

 

まったく見せ場がない!
観ていて恥ずかしくなった!


この日は相方も観戦
両親の目の前で、これかよ!

 

 


試合が終わった後も、悔しがることもなく、
家に帰ったら、友達と遊ぶ、ゲームに夢中…

 

 

 

今まで、いろんな大会に出場させて、
遠い会場まで付き添い、応援してきたが、
もうアホらしくなった

 

しばらくは、息子のテニスには関与しないと決めた

 

 

 

 

 

何としてでも勝てとは言わない
相手が強ければ、当然負けるときもある

 

ただ、何とか1ゲームでも1ポイントでも奪おうとする
必死になる姿勢を見せてほしい

 

このレベルの相手になると、
週何日も練習、夜遅くまで必死に練習しているだろう
そんな相手に勝つには、勝とうという強い意志

もっと必死に練習しない限り勝てる訳がない!

 

いい加減な気持ちなら、相手に対して失礼だ!

 

 

 

 

確かにオレもテニスをしているので、
息子にもその楽しさや勝ったときの喜びを味あわせてやりたいと思って
テニスを始めさせたし、いろいろと協力してきた


何が何でもテニスをしろとは言わない
ただ、もっと物事に集中して、必死になって頑張れる人間になってほしい

 

それがテニスである必要はない
サッカーでもバスケでも、勉強でもいいのである

 

ただ、もっと必死にならないと、何をやっても成長しないのは確か

 

 

 

 

なので、一生懸命さ、必死さ
他人が見て感じられるようになるまでは、
オレはもう関与しないと決めた

 

 

サヨナラ

 

 

 

 

JUGEMテーマ:テニスやってる人の日記

| comments(2) | trackbacks(0) | category: ジュニア |
コメント
こんばんは。
試合中どのような事が起こったのかわかりませんがいくら身内でもやる気がない姿勢を何度も見せられると応援する気をなくす気持ちわかります。中学に軟式テニスをやっていた時、味方の前衛に何度もレシーブミスを連発された姿を見た時はやる気を疑い真剣勝負をするだけ無駄だという投げやりな気持ちになった事がありますね。息子さんが必死さを取り戻すまではしばらく見放してもいいのではと思います。
| しゃんしゃん | 2018/02/14 10:55 PM |

コメントありがとうございます
今まで、コーチでもないのに色々と口を出しすぎたと反省する部分もあります。
真剣にテニスに向き合える日まで、待つことにします
| よね | 2018/02/15 1:13 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tennis.ipponiho.net/trackback/1622
トラックバック


ページの先頭に戻る

RSS 1.0   ATOM 0.3   Yahoo!ブックマークに登録


にほんブログ村 テニスブログへ にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

Profile
Selected Entry
Comments
Search this site
RSS表示パーツ

Recommend
ウイニング・アグリー 読めばテニスが強くなる
ウイニング・アグリー 読めばテニスが強くなる (JUGEMレビュー »)
ブラッド ギルバート,スティーブ ジェイミソン


オレは2回読んだよ!
ソックス
オーバーグリップ



Mobile
qrcode


Archives


Administrator